1. HOME
  2. ブログ
  3. ーTOKYO SKATE TRIP ーDAY7【NIKE本社へ】

ーTOKYO SKATE TRIP ーDAY7【NIKE本社へ】

とうとうDAY 7となりました〜

1週間のLONG STAYとなりましたが、ほんとうに時間がありませんでした〜TIME UPです。笑
東京の人が忙しい理由がなんとなくわかった気がします、お店やイベントはやはり集中していてありすぎるし、それも展開が早い!!
新しいものやことが随時あるような感覚。あまりにも飛ばすと疲れてしまいますが、、、笑
人がワクワクするようなことを、提案したり、作ったり、行動することは常に忘れちゃいけないことだなと感じることができました!!
スポタカでもみなさんがワクワクできるようなこと、考えて勤めて参りたいと思います〜!!!

SKATEサイトを初めて約2ヶ月、てんやわんやでやってきておりますが、どんな感じでしょうか。ご意見、ご感想もお待ちしております。
今後ともご愛読とサイトへのご訪問お待ちしております♪ もちろんSHOPやパークにも遊びにきてください☆☆☆
それではTOKYO最終日のお届けです!

NIKEの展示会へGO!

最終日7日目はスケートのBOSS樋口さんとNIKEの展示会へお邪魔させていただきました〜
六本木の海外のようなオフィススペースで働いているという噂のNIKEの方々。まさにそのとおりの空間でした、さすが世界のNIKEです。

今回はNIKE SBチームの方々とお会いすることができ、今後のBIGプロジェクトのお話や、他店スケートSHOPとの交流もでき、なかなかできない体験をさせていただきました〜!!スケート界、市場を盛り上げるべく、一丸となってなにかできると最高だな〜と思いつつ、これからのスケート界が広がるのが楽しみになりました!!
その反転、一般的になりつつあるスケートはストリートから生まれたもので、その精神やスケートの尖っていてかっこいいところを潰しちゃ、これまたスケートボードのかっこよさがわからなくなるんじゃないかと心配。。スケートの良さを知っている、SKATE SHOPやSKATE BRAND、SKATERは決して忘れちゃいけないなと感じました。

SYL=SUPPORT YOUR LOCAL

そんなことも伝わるような会でした!!!

stefan janoski(ステファン・ジャノスキー)

NIKE SBよりPICK UPされているのがSTEFAN JANOSKIのシグネチャーシューズ。
周年を迎えたらしく、今後、よりアップデートしたモデルが展開されそうです。
シューズの名前として知っている人も多いでしょう。
デイリーユースでも履きこなせるこちらのシューズはスケーター問わず、履いている人をよくみかけます。まさにレジェンダリーシューズです。彼の意見を取り入れてデザインされたシューズであり、すっきりとしたクラシックなスタイルと、反発力に優れた衝撃吸収性を提供。 柔軟性に優れたソールが抜群のグリップ力と接地感を実現します。

ーSTEFAN JANOSKIー
クラシックでリラックスしたスタイルとトレードマークのスイッチスタンスのスキルで知られる、Nike SBプロスケートボーダーのステファン・ジャノスキー。汗をかきながらも涼しい顔したスケーティングスタイルで、レジェンドの位置を築き上げました。髪をなびかせクール且つルーズなスタイルが魅力的なステファン・ジャノスキーの映像をCHECK!!

期間限定FILA BARへ



今回TOKYO最後に訪れた場所FILAが主催するBARのイベントへいってきました〜
東京ではよくあるようなお洒落な人たちや著名人がくるような感じのところにスケボー持ってひとりでおじゃま。笑
なかなかのアウェイ感漂うなか、好きなBEAT MAKERとRAPPERを観に足を運んでみました!!


ーBUDAMUNKー


ー田我流ー

FILAのアパレルラインが若い子たちに流行っていて、さらに進化しているように思えた空間。
FILAを取り扱っている代理店の方々とお話もできて、なんだか仕事?遊び?みたいな感覚でしたが、笑
イベントってすごくいいものだと感じた東京旅。色んな人たちと楽しんで、新しい発見や繋がりが、さらに今後に発展する!という素晴らしいということ!!
また、SNSという便利なものが生まれて、あらゆることが擬似体験となっているいま、
生で感じることや経験をすること、自ら足を運ぶことをより大事に、WEBサイトの運営をしているワタシですが、常に忘れずやっていきたいと思います。

みなさんも若いうちに、自分で動けるうちに、いろんな経験をしていろんな人やものに出逢ってください。そしてやりたいことはやれる人生にしていきましょう〜!!!

そんな深い話でおわりたいと思います。笑

ーENDー

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事