1. HOME
  2. ブログ
  3. スケートボード ベアリングの選び方

スケートボード ベアリングの選び方

ベアリングとは

スケートボードのベアリングは走りのスピードを左右する重要なギア(パーツ)です。ウィール(タイヤ)の両端にベアリングを設置して使います。

ベアリング選びのポイントはスピードの付きやすさABEC(エイベック)です。

これからスケートボードを始めたい・やってみようかな?と思う初心者の方や買い替えを検討されている方向けにSpotaka Staffがベアリングの選び方を簡単に紹介します。

(スケートボードには色々なパーツ&ブランドなどありますが、初心者用や上級者用など特に無いので、紹介記事はあくまでも参考程度で見て頂ければと思います。)

それではいってみましょう~

ベアリングのABECとは

ABEC(エイベック)とはスケートボードではしる時、スピードのつきやすさを計る規格のようなもので、ベアリングの回転のしやすさを決めるものです。

(ブランドによってはABEC表記が無い物もございます。)

スケートボードに使われるベアリングは通常はABEC3、ABEC5、ABEC7の3種類です。

(ブランドによってはABEC9まで表記しているのもあります。)

ABECを選択するときのポイント

ABECの数値は数が大きいほどスピードが付きやすいので、初めは数値の低いABEC3やABEC5から使って、慣れてきたら徐々にABEC数値の高いベアリングにしていくのもOKですし

最初からABEC7など早いベアリングを使ってもOK。

スピードが早い方がプッシュが楽になります。

ベアリングのブランドの特徴

ベアリングブランドの紹介です。
各ブランドの特長を参考にしてください。

BONES(ボーンズ)

スケートボードのベアリングと言えば『BONES』ボーンズではないでしょうか?

最高品質を誇るベアリングブランドのBONES(ボーンズ)は、低価格のものから高価格のものまでラインナップにも優れています。
ミドルクラスのBONES SWISSベアリングはとても速くて耐久性もありとても優れたベアリングです。

しっかり手入れすれば2〜3年は使えると思います。

NINJA(ニンジャ)

日本代表スケートボードベアリングと言えば『NINJA』ではないでしょうか?

NINJAは日本の工場で作られてる日本製の高品質ベアリングです。

「高品質で低価格」なベアリングとして有名です。

展開はABEC3.5.7の3種類が基本で、最近ではABEC7より耐久性&スピードが優れているの物もあります。

ほぼ全てオイルベアリングですが、グリースタイプもございます。

MINI LOGO(ミニロゴ)

ベアリングはウィールと同じ安価で買いやすく、質も保っているというMINILOGOの商品。

ABEC表記はないですが、ABEC1~3ぐらい?といわれています、初心者には十分な回転力なのと価格も安いので慣れてきたら他のベアリングも試してみてください。

ベアリングの選び方まとめ

これからスケートボードを始める方向けに、ベアリングの選び方をまとめると

1.スピードが速いのは恐いと思う方は、ABEC1.3から付けてみてはどうでしょうか?
2.スピードを速くしたい方はABEC7以上をオススメします。

3.ここで紹介しているベアリングはごく一部です、他にもいろんなベアリングブランドがございます。

4.迷ったらBONESかNINJAがオススメです。

簡単に説明しましたがベアリングを選ぶときの参考にしてみてください。

ベアリング一覧はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事